内定のコツ

【26卒】大学1年生向けインターンの探し方5つ|おすすめの選び方も!

【26卒】大学1年生向けインターンの探し方5つ|おすすめの選び方も!
この記事でわかること
  • 大学1年生向けインターンの探し方
  • 大学1年生におすすめするインターンの選び方

この記事では大学1年生に向けてインターンの探し方を詳しく解説します!

今回は就活をこれから始める大学1年生に向けてインターンの探し方を解説します。

また、大学1年生におすすめするインターンの選び方も合わせて紹介しますね。

大学1年生からインターンに参加する人はかなり少ない。

自分に合ったインターンに参加することで他の就活生に差をつけることができますので、最後まで読んでみてくださいね。

【大学1年生向け】そもそもインターンとは?

【大学1年生向け】そもそもインターンとは?

大学1年生向けにそもそもインターンとはなにかを解説しますね。

インターンってなに?
  • インターンシップの略称
  • 学生が企業で働く体験を通じて仕事への理解を深める

1日以内で行われる「1dayインターン」。

1週間ほどで行われる「短期インターン」や3か月以上の「長期インターン」など開催期間によって色々な呼び方があります。

この中でも実際に社員と一緒に働く経験ができるのは長期インターンです。

就職みらい研究所の調査より、長期インターンに参加する人は100人中3人。

【大学1年生向け】そもそもインターンとは?

長期インターンに参加する学生は少ないので、他の就活生と差別化できる経験になりますよ

なお、1dayインターンや短期インターンは主に大学3年生を対象にしているので、大学1年生は参加できないことが多い。

ですが、後ほど紹介するインターン専用サイト『ユアターン』では大学1年生が参加できる短期インターンを募集していることがあります。

「長期インターンは大変かな…」という人もチェックしてみてくださいね。

大学1年生には長期インターンがおすすめです。

【26卒】大学1年生におすすめするインターンの探し方

【26卒】大学1年生におすすめするインターンの探し方

ここからは、大学1年生におすすめするインターンの探し方を紹介します。

自分に合ったインターンを探したい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

  1. インターン専用サイトを活用する
  2. 大学のキャリアセンターに紹介してもらう
  3. 企業のホームページから応募する
  4. 先輩や友達に紹介してもらう
  5. SNSから応募する

おすすめの探し方①インターン専用サイトを活用する

ユアターンの特徴

大学1年生でインターンを探したい人は、インターン専用サイトでインターン先を探しましょう

インターン専用サイトはインターンの検索から選考突破まで丁寧にサポートしてくれる就活サイト。

登録すると自分に合った長期インターンを簡単に見つけられるので、大学1年生のインターンには必須と言えますね。

長期インターンは就活にめちゃくちゃ役立つので、ぜひ参加してみてくださいね。

選考突破までサポートしてくれるサイトを活用すべき!

内定につながるインターンは選考があることがほとんど。

よって、インターン先を検索できるだけではなく選考突破までサポートしてくれるサイトを利用しましょう。

ユアターン』はインターンに初めて参加する就活生も安心して利用できるのがポイント。

希望すれば自分に合った長期インターンの探し方やES・面接のコツを個別相談できます。

対応してくれるスタッフは、公式サイトに名前と顔付きで紹介されているので安心ですね。

ユアターンの特徴

ユアターンは徹底的に学生視点で作られているサービス

インターンに参加したい人は、ぜひ活用してみてくださいね。

\インターンの不安や悩みを相談できる/

ユアターンの詳細を見る

▼ユアターンの口コミはこのような感じ。

おすすめの探し方②大学のキャリアセンターに紹介してもらう

大学のキャリアセンターでインターンを紹介してもらうのも大学1年生におすすめです。

キャリアセンターには求人情報だけではなくインターンの募集も届きます。

大学とコネクションのある企業のインターンは採用される確率が高いのが良いところ。

ただし、キャリアセンターで探せる企業は少ないので、他の探し方と併用して選択肢を増やすようにしましょうね。

大学によっては大学1年生は就活のサポート対象外の可能性もあります。

まずはキャリアセンターでインターンの相談をしてみてくださいね。

おすすめの探し方③企業のホームページから応募する

企業のホームページから応募するのもインターンの探し方の1つ。

特に大手企業はホームページでインターンを募集していることがあります。

気になる企業がある場合は、企業のホームページをチェックしてみてくださいね。

大学1年生は対象外でも学年が上がれば応募できるようになる企業もあります。

定期的に企業のホームページを確認することが大事ですよ。

おすすめの探し方④先輩や友達に紹介してもらう

大学1年生は先輩や友達にインターンを紹介してもらうのも良いですね。

インターン生を積極募集しているベンチャー企業など、紹介で参加できるインターンはたくさんあります。

実際の口コミを聞いた上で応募できるので、安心して参加できるのがポイント。

インターンに参加した後に「イメージと違う…」という失敗が少なくなるのがメリットですよ。

おすすめの探し方⑤SNSから応募する

インターンにはSNSから応募することもできます。

たとえば、Twitterでは企業の公式アカウントがインターンを募集をしていますよ。

「インターン 26卒」などで検索するとたくさんのインターンが見つかります。

求人サイトに掲載されていないベンチャーやスタートアップに応募できるのが良い点ですね。

Twitterでは他の26卒と交流しながら就活情報を集めることもできますので、ぜひ利用してみてくださいね。

大学1年生は5つの探し方を参考にしてくださいね。

【26卒】大学1年生におすすめするインターンの選び方

【26卒】大学1年生におすすめするインターンの選び方

続いて、大学1年生におすすめするインターンの選び方を解説します。

インターンの探し方を理解した後は、選び方も合わせてチェックしてくださいね。

  1. インターンの業界や職種
  2. インターンの期間
  3. インターンの内容

おすすめの選び方①インターンの業界や職種

志望する業界や職種が決まっている人は、業界や職種でインターンを選びましょう

インターンでアピールできれば志望業界の企業から内定をもらえる可能性があるのがポイント。

同じ業界の他企業の選考を受ける時もインターンの経験を活かすことができます。

インターンを通じて職種の理解が深まりますので、他の就活生に差をつけることもできますよ。

また、インターンに参加することで自分の価値観を確認することもできます。

自分が楽しいと思える仕事、自分の強みを活かせる仕事を探すことは就活においてめちゃくちゃ重要です。

大学1年生でも早すぎることはないので、まずは業界や職種でインターンを選んでみてくださいね。

おすすめの選び方②インターンの期間

「特に志望する業界や職種はないな…」という人はインターンの期間で選ぶのもおすすめです。

インターンは期間によって次の通りに分けられますよ。

  • 1日以内:1dayインターン
  • 1週間ほど:短期インターン
  • 3か月以上:長期インターン

1dayインターンや短期インターンは主に大学3年生向け。

大学1年生の募集は多くないのが特徴ですね。

大学1年生は給料をもらいながら社員と一緒に仕事ができる長期インターンに参加しましょう。

社員の一員として働くことになりますので、アルバイトでは得られないさまざまなスキルや経験を得ることができますよ。

ただし、ある程度まとまった時間が必要になりますので、募集内容を見て週に何日勤務する必要があるかをしっかりチェックしてくださいね。

おすすめの選び方③インターンの内容

大学1年生はインターンの内容で選ぶのも良いですね。

インターンの募集要領には、どのような仕事をして、どのようなスキルが学べるかがしっかり記載されています。

PCスキルやビジネスマナーといった基本的なスキルはもちろん、Webマーケティングなどの専門的なスキルまで、学べることはインターンによってさまざま。

自分が身につけたいスキルを学べるインターンを選ぶのもおすすめの選び方と言えますね。

自分に合ったインターンを選びましょうね。

まとめ|大学1年生はインターンの探し方を参考に自分に合ったインターンを探そう!

今回は就活をこれから始める大学1年生に向けてインターンの探し方を解説してきました。

大学1年生からインターンに参加することで他の就活生に差をつけることができます。

ぜひインターンの探し方を参考に自分に合ったインターンを探してみてくださいね。