内定のコツ

【2023卒の新卒採用はまだ間に合う?】まだエントリーできる大手企業の探し方も!

【2023卒の新卒採用はまだ間に合う?】まだエントリーできる大手企業の探し方も!
この記事でわかること
  • 2023卒の新卒採用がまだ間に合う理由
  • まだエントリーできる大手企業の探し方

この記事では2023卒の就活について詳しく解説します!

今回は2023卒の新卒採用がまだ間に合うのかという疑問にビシッと回答していきます。

また、まだエントリーできる大手企業の探し方も合わせて紹介しますね。

「もう新卒採用は間に合わないかな…」「エントリーできる企業が見つからない…」という人も大丈夫。

まだエントリーできる大手企業一覧も紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

2023卒の新卒採用はまだ間に合う?|まだ間に合う理由2つ

2023卒の新卒採用はまだ間に合う?|まだ間に合う理由2つ

結論からお伝えすると、2023卒の新卒採用はまだ間に合います

理由2つをそれぞれ解説していきますよ。

  1. 50%以上の人が大学4年で初めて内定を獲得する
  2. 入社企業からの内定は大学4年で獲得している

まだ間に合う理由①50%以上の人が大学4年で初めて内定を獲得する

就職みらい研究所の採用プロセスデータより50%以上の人は大学4年で初めて内定を獲得することがわかります。

まだ間に合う理由①50%以上の人が大学4年で初めて内定を獲得する

就活は早期化していますが、内定をもらうのは大学4年になってからというのが平均的。

「内定を持っていないのは自分だけ?」と不安になる必要はないですよ。

まだ間に合う理由②入社企業からの内定は大学4年で獲得している

就職みらい研究所の内定取得時期データより、入社企業からの内定は大学4年で獲得していることがわかります。

まだ間に合う理由②入社企業からの内定は大学4年で獲得している

早い時期に内定をもらう人を見ると焦ってしまいますが、その企業に入社する人は10%程度。

ほとんどの人は大学4年で内定を獲得した企業に入社しています

よって、現時点で内定を持っていない人も大丈夫。

2023卒の新卒採用はまだ間に合いますので、しっかり就活準備を進めていきましょう。

まだ間に合うので大丈夫です。

【まだ間に合う新卒採用2023】まだエントリーできる大手企業の探し方5つ

【まだ間に合う新卒採用2023】まだエントリーできる大手企業の探し方5つ

ここからは2023卒がまだエントリーできる大手企業の探し方を解説していきますね。

この時期からの就活は、いろいろな方法で自分に合った業界・企業を探すのがベスト。

次の就活サービスを活用して、まだエントリーできる企業をたくさん見つけましょう。

※すべて無料で利用できます。

  1. 就活エージェントで紹介してもらう
  2. 逆求人サイトでオファーをもらう
  3. 動画型スカウトサイトで見つける
  4. 就活イベントで出会う
  5. 合同選考イベントで出会う
【まだ間に合う新卒採用2023】まだエントリーできる大手企業の探し方5つ

まだエントリーできる企業の探し方①就活エージェントに紹介してもらう

就活エージェントは面談を元に自分に合った企業を紹介してくれるサービスです。

登録すると内定までサポートしてくれるので、就活後半戦には必須。

キャリアアドバイザーがマンツーマンで内定までサポートしてくれるのが特徴ですね。

大手・優良企業の求人から順番になくなっていくので、早めに登録するようにしましょう。

大手志望の人は求人数の多い大手就活エージェントを活用しよう!

就活後半戦は内定辞退が出た大手企業が、実績豊富な大手就活エージェントに求人を出します。

たとえば、大手・優良企業を含む300社以上から自分に合った企業を紹介してもらえるキャリアパーク就職エージェント』のような就活エージェントですね。

年間1,000人以上と面談している経験豊富なアドバイザーが内定までしっかりサポート。

ES(エントリーシート)添削や面接練習をしてもらえるので、どんどん相談してみましょう。

キャリアパーク就職エージェントの特別ルートを活用すれば最短3日で内定を獲得できます。

大手企業を目標とする人は必ず活用すべき就活エージェントですよ。

※登録後に担当者から電話がかかってきますので面談日程を調整してくださいね。

\大手・優良企業を紹介してもらう/

キャリアパークの詳細をみる

▼キャリアパーク就職エージェントの評判はこのような感じ。

まだエントリーできる企業の探し方②逆求人サイトでオファーをもらう

まだエントリーできる大手企業を探すためには、逆求人サイトに登録しておくことも重要です。

逆求人サイトとはプロフィールを評価してくれた企業からオファーが届く就活サイトのこと。

就活生はプロフィールを入力してしまえば、あとは企業からのオファーを待つだけ。

めちゃくちゃ効率的に企業とのつながりができます。

なので、就活エージェントで選考対策をしたり、企業を紹介してもらいながら自動でエントリーを増やせます。

オファーが届いた企業は積極的に採用を行っているので、内定が出やすいとも言えますね。

よって、これからの時期は大手の逆求人サイトを複数登録しておくのがおすすめですよ。

  1. OfferBox(オファーボックス)
    →業界1位。就活生の『3人に1人』が登録。参加企業『10,000社以上』。経済産業省やニトリも参加。大学生協イチオシ。
  2. キミスカ
    →業界2位。大手グループ会社が参加。最高精度の『適性検査』で自己分析をサポート。
  3. dodaキャンパス
    →業界3位。教育大手のベネッセが運営。オファー受診率『97%』、オリコン顧客満足度『1位』。

迷ったら最大手のOfferBoxがおすすめ!

OfferBox 』は大手からベンチャーまで10,000社以上が参加する最大手の逆求人サイトです。

就活生の3人に1人が利用しているので、登録していない人は早めに登録しておきましょう。

OfferBoxに参加している企業の15%は上場企業です。

なので、次のような大手・優良企業からもオファーが届きますよ。

OfferBoxの特徴2

就活後半戦ではES選考や適性検査なしの特別選考に呼ばれることが多いのが特徴。

スピーディーに選考が進むので内定につながりやすいことも大きなメリットですね。

\大手・優良企業からオファーが届く/

OfferBoxの詳細をみる

▼OfferBoxの評判はこのような感じ。

就活後半戦ではABABAも活用すべき!

ABABA(アババ)』は最終面接で落ちた企業名や選考フローを登録すると、その実績を評価した企業からスカウトが届く逆求人サイトです。

ESや一次面接など一部の選考フローがカットされるので、内定につながりやすいのが特徴。

ABABAではスカウトが届いてから平均3週間で内定をもらえます。

よって、就活後半戦には必須と言えますね。

東証一部上場企業やホワイトベンチャー企業など幅広い企業が参加しているのも良い点です。

最終面接で落ちた経験のある人は登録しておくようにしましょう。

\就活のがんばりが評価される/

ABABAの詳細を見る

▼ABABAの評判はこのような感じ。

まだエントリーできる企業の探し方③動画型スカウトサイトで見つける

JOBTVの特徴

まだエントリーできる大手企業を探したい人は、動画型スカウトサイトを活用するようにしましょう。

動画型スカウトサイトは企業説明をネトフリ感覚でチェックできるのが特徴。

自己PR動画を登録すればESなしで特別選考のオファーがもらえるのもポイントですね。

動画型スカウトサイトはJOBTV一択!

動画型スカウトサイトは『JOBTV』に登録しておけばOK。

気になる企業の動画をサクサク見れるので、自分の知らなかった企業を簡単に見つけることができますよ。

JOBTVはサイトの見た目がバツグンなので就活のモチベも上がります。

JOBTVの特徴

JOBTVは企業説明動画が無料で見放題なので楽しく就活できるところが良い点ですね。

自己PR動画を登録すれば、ESや適性検査免除のオファーが届きます。

動画撮影が得意な人は内定が取りやすいので、ぜひ利用してみてくださいね。

\自己PR動画で内定獲得/

JOBTVの詳細を見る

▼JOBTVの評判はこのような感じ。

まだエントリーできる企業の探し方④就活イベントで出会う

就活イベントで今まで知らなかった企業と出会うのもまだエントリーできる企業の探し方の1つ。

特に就活後半戦は視野を広げて、いろいろな業界・企業を見てみるのが成功のコツです。

本当に自分に合った企業と出会うためにも、ぜひ参加してみてくださいね。

就活をサポートしてくれるイベントに参加しよう!

キャリch 』は内定に役立つイベントを開催したり、情報を発信している就活サイトです。

就活後半戦では23卒向け就活イベントを毎日開催。

これから内定を目指す23卒の就活生におすすめですよ。

キャリchでは内定を獲得した学生が書いたESや志望動機、ガクチカが業界別にまとめられた対策資料も無料で閲覧できます。

今まで見てこなかった業界・企業の内定を目指す人に役立つ情報がたくさんありますよ。

\就活イベントを毎日開催/

キャリchの詳細を見る

▼キャリchの評判はこのような感じ。

まだエントリーできる企業の探し方⑤合同選考イベントで出会う

digmeeの評判

合同選考イベントに参加して同時にたくさんの企業に出会うのもおすすめです。

なぜなら、就活後半戦の合同選考イベントは企業の採用意欲がかなり高いからですね。

自社に合っている人材と評価されれば内定に直結するので、積極的に参加してみてくださいね。

オンライン開催の合同選考イベントに参加しよう!

大学4年生はエントリーできる企業を探したり、選考対策をするなど忙しい時期。

よって、全国どこからでも参加できるオンライン開催の合同選考イベントに参加するようにしましょう。

CLUTCH(旧digmee)』はオンラインの合同選考イベントで5〜6社と同時に出会える就活サービス。

LINEでサクサク利用できるのもポイントです。(LINE画面は以下のような感じ)

digmeeの評判

合同選考イベントにはサイバーエージェントやレバレジーズなど、IT業界を中心に大手からベンチャーまで幅広い企業が参加します。

合同選考イベントで評価されれば選考が一部免除されるオファーがもらえますので、これから内定を目指す人はぜひ活用してみてくださいね。

なお、CLUTCHはGD練習会の評判もバツグン

丁寧なフィードバックがもらえますので、GDが苦手という人にもおすすめですよ。

※公式LINEに参加後に名前などを登録すると利用できるようになります。

\選考免除オファーをもらう/

CLUTCHの詳細をみる

▼CLUTCH(旧digmee)の評判はこのような感じ。

これまでの就活で見ていなかった企業も見るようにしましょうね!

【まだ間に合う新卒採用2023】まだエントリーできる大手企業一覧

【まだ間に合う新卒採用2023】まだエントリーできる大手企業一覧

最後に、2023卒向けにまだエントリーできる大手企業50社を一覧で紹介しますね。

過去に追加募集を行った企業や通年採用をしている企業を調査しました。

特に就活生から知名度の高い大手企業を一覧化

まだエントリーできるかどうかは、その年の採用状況によって異なります。

2023卒でも追加募集が行われる可能性がありますので、採用ホームページをチェックしてみてくださいね。

社名採用ホームページ
ソニーグループhttps://www.sony.com/ja/SonyInfo/Jobs/newgrads/
ソフトバンクhttps://recruit.softbank.jp/graduate/
楽天グループhttps://corp.rakuten.co.jp/careers/
トヨタ自動車https://www.toyota-recruit.com/saiyo/
日立製作所https://www.hitachi.co.jp/recruit/newgraduate/index.html
リクルートライフスタイルhttps://www.recruit-jinji.jp/?vos=recruit-jinji.jp
ニッポン放送https://www.jolf.co.jp/company/recruit/recruitindex.html
サイバーエージェントhttps://www.cyberagent.co.jp/careers/
ヤフーhttps://about.yahoo.co.jp/hr/
メルカリhttps://careers.mercari.com/jp/
DeNAhttps://dena.com/jp/recruit/
ファーストリテイリングhttps://www.fastretailing.com/careers/ja/
ネスレ日本https://www.nestle.co.jp/recruit
ユニリーバジャパンhttps://careers.unilever.com/japan
東芝https://www.global.toshiba/jp/recruit/corporate.html
富士通https://fujitsu.recruiting.jp.fujitsu.com/recruit/
KDDIhttps://career.kddi.com/freshers/
NTTドコモhttps://information.nttdocomo-fresh.jp/
バンダイナムコhttps://www.bandainamcoent.co.jp/job/2023/
住友商事https://www.sumitomocorp.com/ja/jp/employ
三菱総合研究所https://www.mri.co.jp/company/recruit/
東京海上日動https://www.saiyou.tokiomarine-nichido.co.jp/
セキスイハイムhttps://sekisuiheim.saiyo.jp/
キッコーマンhttps://www.kikkoman.com/jp/works/graduates/index.html
クックパットhttps://info.cookpad.com/careers/new-graduates/
ベルクhttps://recruit.belc.jp/employment/recruit/newgradu.html
セコムhttps://www.secom.co.jp/recruit/01/
北海道旅客鉄道https://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/saiyou/index.html
アイリスオーヤマhttps://www.irisohyama.co.jp/kyujin1/
三菱マテリアルhttps://www.mmc.co.jp/recruit/
日立建機https://www.hitachicm.com/global/jp/recruit/
ポリプラスチックスhttps://www.polyplastics-recruit.com/
日産自動車九州https://www.nissankyushu.co.jp/RECRUIT/
金沢村田製作所https://recruit.murata.com/ja-jp/area/kanazawamurata/
TOTOhttps://jp.toto.com/career/graduate/
マキタhttps://www.makita.co.jp/recruit/
島津アクセスhttps://www.sac.shimadzu.co.jp/recruit/index.html
TDKhttps://www.tdk.com/ja/careers/graduates/index.html
ジンズホールディングスhttps://jinsholdings.com/jp/ja/recruit/
メタップスhttps://metaps.com/careers/requirements/potential/
ガイアックスhttps://www.gaiax.co.jp/careers/graduates/
コロプラhttps://be-ars.colopl.co.jp/recruit/
じげんhttps://overs.zigexn.co.jp/recruit/
湖池屋https://mypage.plus.i-web.jpn.com/koikeya/
JA全農https://www.zennoh.or.jp/recruit/
丸善食品工業https://www.tableland.co.jp/careers/
東京パワーテクノロジーhttps://www.tokyo-pt.co.jp/recruit
ENEOSグローブエナジーhttps://eg-energy.jp/recruit/
コロナワールドhttp://www.korona.co.jp/about/recruit/index.asp
ボストンコンサルティングhttps://careers.bcg.com/locations/japan/graduates

なお、ここで紹介した大手企業以外にも多くの企業がまだエントリーできます

先ほど紹介したまだエントリーできる大手企業の探し方を活用しながら自分に合った企業を見つけてくださいね。

2023卒はまだエントリーできる企業を探して内定を目指しましょう!

まとめ|2023卒の新卒採用はまだ間に合います!まだエントリーできる大手企業を探しましょう!

今回は2023卒の新卒採用がまだ間に合うのかという疑問に回答してきました。

また、まだエントリーできる大手企業の探し方や追加募集を行う大手企業一覧も紹介しました。

2023卒の新卒採用はまだ間に合います。

いろいろな就活サービスを活用して、まだエントリーできる大手企業を探してみてくださいね。

▼2023卒の就活生には以下の記事もおすすめです。

>>【内定ない23卒(NNT)必見】自分に合った企業の探し方5つ!